September 06, 2010

いってらっしょい


結局不調の原因は、バッテリーの充電不足と判明。
ホント、初歩的だった(´д`;)

しかし、もうひとつの問題。
「ガソリンが思うように出てないっぽい。」
これについては、後日V誌の大盛りさんやRほーさん
指導の下、色々面倒見てくださり、
結局、キャブを開けてキレイにしました。
ついでに、「あいどる君」も装着されました(感謝)

色々と面倒を見てくださったお陰で、乗れるように

しかし高速に入ると一定の回転まで行くと
クシャミ連発の症状。。。
バッスンバッスン言っちゃってるw
コレはキャブのセッティングが必要

ということで、都内の某Shopオーナーに
駆け込みで相談したところ、
「見た目の雰囲気が悪い。音も悪い。
腰下から開けないとこんなの乗れないですよ~」

・・・と何とも微妙な事を言われてしまう私。
ビカビカのディーラー車とか、ガッチリお金を掛けて
乗るのがOKな人ならそれでもよかろぅ~?

しかし、「あっそうですか。」と、
彼の言いなりになるお客ばかりじゃない。
私的には、世の中そんなに甘くないのだ。

古くてもラットでも、少しずつ生活費を削り、
とにかく自分にしか乗れない、
チンチクリンな車両が好きな
そんな人たちだって居るの。
勝手に私もソチラ側のつもりなのw

「来た時より調子良くなったでしょう!!」
・・・と自信満々にデスビ、ヒューエルの調整して
もらったが、走行中にエンジンが停止してしまうという
キョーフの神の手を差し伸べていただいたので、
大変乗りづらくなり、来店時の状態に戻すよう
お願いしたのですが。。。残念ながら、
「来た時より調子イイのに、これが乗れないなんて!」
・・・と仰られていたので、アイドリングを上げ、
とにかく止まらないように煽り気味で帰宅。
この状態で1度も試乗しておらず、
来店時と音も違っておかしいですって言ったけど、
「それはアイアンに乗った事が無い」
って自信満々の彼はある意味“ネ申”
アイアンってそんなに違うんですか??
触ったことあるんですか??
って不審に思った私は突っ込んだ。

オーナーである彼はアイアンを触った事なんて
一度も無かったのだ。何とか誤魔化してたけど。
私にとってはちょっと相性が合わないShopだったのだ。

本国でのセッティングじゃ、気候の違う日本では
やはりキャブの調整くらいは必要ということを痛感。
チョット前に知人のランチェロもそうだったよなー。

今までにそんな体験した事の無い経験をした私は、
どうせキャブのセッティングを依頼するなら(・∀・)
・・・ということで。現在装着しているケイヒンから、
せっかくなのでEキャブにする事に
納車時にお世話になったShopへ持ち込むと、
何ともステキなメカニック君が今後について
しっかりと相談に乗ってくださりました(感謝!!)

ついでに、サイレンサとメーターとウインカーも
付けてもらう事にしました。カッコよかったんだけどねw

コレでとりあえず、キッチリ乗れるようになるかと思うと
ムネがトキメイちゃいます。ドキムネってやつです(爆)w

いつごろ完成するか楽しみです。


surfyum at 03:32│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック ★バイク系のこと。 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字